2014年6月

17件の投稿

今日は、出張で伊勢に行ったんですが…先週も行ったんで、2週連続でお伊勢参り…って伊勢神宮には行ってませんけど(^^;
江戸時代だと、お伊勢参りは「一生に一度行けたら…」ってレベルの旅行だったわけで、年に10回近くも伊勢に行ってるやじは、江戸時代ならうちの付近で英雄か、崇拝の対象になれたかもしんない(w
それにしても、天気がよく分からんことになってて、うちを早朝に出た時は雨が降ってて、どっちかと言うと肌寒い感じだったんですが、伊勢はカンカン照りでメチャメチャ暑かった(-o-;
オマケに、携帯には滋賀県の防災情報ってのが3回も入ってきて、竜巻注意報が発令されてるとか…電車が風で運休してるとか、快晴の隣県に居てると、うちの辺りはどうなってんだ?…みたいな(^^;

今日の出張はかなりガッカリな内容になってて、「これはまた今日中に帰れるか微妙だな…」と思ってたら、下手な悪あがきはせずに、取り敢えず今日の所はお互い持ち帰って検討…って事になって早めに切り上げることに成功(w

DSC_0723

おかげで、「赤福」ゲット(^^/
まぁ、京都駅でも買えるので、特に珍しい物ではないのですが、今年に入って殆ど毎月のように伊勢に行ってるのに買えた試しがない(-_-;
いつも、駅に戻る頃には、「本日は完売しました」って張り紙が貼ってあって、ションボリしてたので、何か意地になって買ってしまった(w
とにかく、ココへ電車に乗って行くと、メチャメチャ遠回りをしないといけないので、東京に行くより時間がかかるのがネックなんですよね…
新名神~伊勢道を、ガソリン代+高速代を会社持ちでバイクで出張に行けたら、最高に楽しい出張になるんだけどなぁ(^^;

そのやじのバイクですが、バルクリ調整をしたにもかかわらず、カチカチ音が全く変化が無い…って言うか、調整直後は幾分マシだったような気もするんだけど、現状は、調整前と全く変わらん(-_-;
でも、これってちょっとおかしいような気がしてるんですね…だって、正しく合わせれてるかは横に置いといて、少なくとも大幅にバルクリは変わってるはずなのに、音が全く変わらんってどういうこと?みたいな。
元々調整前でも、基準ギリギリではあるものの、ほほ基準内だったので、アレでこんなに盛大に音が出るのはおかしい。
この前長い柄のドライバーを聴診器代わりにして、音の出処を探し倒したんですが#1か#2のヘッド辺り…しかも吸気側で鳴ってるように聞こえるんですが、もっとも音が大きく聞こえるのは、インテークの辺り…これはもしかして、インジェクションボディーか?と思い出して、ストックの部品取りインジェクションボディーを付けてみようかと思ったりもしたんだけど…完璧に部品取りで、そのまま自分のバイクには付ける気にならないレベルで諦めた。
そんで、オークションを眺めてると、どうも程度の良さそうで、しかも値段もソコソコ手頃なのが出てきた!…ポチ…(w

DSC_0724

ハーネスが付属してないとか、若干の問題点もあるものの、インジェクションボディーとしては、かなりの上物なので、今付いてるのからハーネスだけ移植すればそのまま使えそう♪
ストックのインジェクションボディーは、肝心のハーネスはコネクタが割れてて利用不可…何のための部品取りなんだと…(-_-;
取り敢えずコレに換えてみて、音が変わらなければ、明らかにヘッドに問題有りで、これで直ればインジェクションボディーが問題だったと切り分けができるのは大きい。
直れば、このままコレを使えばいいし、直らなければ、元に戻して、もう一度バルクリを見てみて、問題が無いようなら、いよいよヘッド交換…って寸法にしようと思っております…ヘッドは完成してるけど、大変なのは明らかなので、できれば交換したくない(^^;
今週末にでも入れ替えてみます!

今日のニュースで、やじとしてもとっても考えさせられる、事件というか事故がありましたね…
「トヨタ2000GTが突然の倒木で廃車」って奴ね…(-_-;
これ、オーナーさんはたまったもんじゃないと思うんだけど、まぁ怪我だけで済んで良かったといえば良かったのか…
ホント世の中何が起こるか一寸先は闇って感じもするし、以前、嫁さんがトラックがたまたま弾いた角材に衝突して、救急車で搬送されたって類似の事例が有るだけに人ごととは思えない。

それと、トヨタ2000GTって、既に台数が殆ど残ってない、レア中のレア車で、ある意味日本の自動車産業の歴史の1ページと言うか、工業遺産だと思うんですよ。
やじは、基本的に今のトヨタ車はイマイチ好きになれないんだけど、この車はやじが生まれた頃に作られたわけで、よくもそんな昔にこんなデザインのこんなスペックの車をよく作ったもんだと尊敬に値する自動車だと思うんですよ。
まぁ、ヤマハが開発に関わって製造も担当したってのもあるんですが(w
最近のオークションでこの車には、1億2000万円って値段が付いたらしいですが、今回の事故でオーナーさんはまともな保険金を受け取ることができるのか、人ごとながら心配になります。

140609-1

この2台…横に並べるのもおこがましいような組み合わせですけど(笑)、このポンテリ号は車両保険に入ってます(^^;
いや、別にぶっ壊れようがどうなろうが構わなかったんですが、車両保険に入ると、付随するサービスが色々と有って、例えば車が壊れた時に家に帰る費用とか、宿泊したら宿泊費とか…これは車両保険に入らないと付けられなかったので、ホント「保険」で入ったんです。
但し…ポンテリ号の上限保険金額は10万円…どうあがいてもコレ以上は保険金額を上げれませんでした…まぁ、14万ソコソコで買った16年落ちの旧車なので、10万も出たら御の字だけど(w
要するに、この車の価値ってのは、基本的に現状新たに買い換えるのに必要な金額ではなくって、あくまでも生産されてからの年月で、減価償却した残りみたいな金額になってる(-_-;
なので…ヘタすると、保険金の額はもしかすると、トヨタ2000GTとポンテリ号で余り差がないのかもしれない…実際は知らないですが(^^;
少なくとも、トヨタ2000GTを手に入れれるような金額ではないはずだ。
もちろん、クラッシックカー専用の自動車保険も有るんで、それに入ってればそれなりの保険金を受け取ることができると思うけどね…

そんでレベルは全然違うんだけど…

CIMG0001

やじの大切なRX-7…年式は2001年式…既に13年近い年月が経ってて一般的には、この頃の例えばカローラだと、殆どが廃車になってるだろうし、中古車市場でも殆ど価値が無に等しくなってる。
でも、このRX-7は、中古車で程度の良い奴になると、平気で250万とか300万とかするんですよ…ヘタすると350万ってのまで有る(-o-;
新車価格が車体399万で、いくらオプションを付けても450万位で買える車が、12年も13年も経ってまだ350万ってのは無いやろ?って思うのですが…
やじは何故か物凄く安く買えたのでいいけど…流石に300万なら絶対に買わない(^^;

でもね…やじは普通の自動車保険なんで、こいつの保険上限額は80万だった(-_-;
たとえ、0:10でやじに過失が一切無くても、廃車にされると目も当てられない事になる(-o-;
もちろん、0:10の場合は、やじの保険金ではなく、相手方の物損保険金でまかなわれるので、修理して乗れるのであれば、普通なら一発廃車コースでも無理やりでも直さないとどうしようもないんですね。
まさに、レベルは違うけど、トヨタ2000GTと同じような構図なんで、マジでこの事故は人ごとでは無いんですよ…
自動車保険で、車両保険に入らないと、メチャメチャ支払いは楽になるわけですが、保険掛金の大半を占める車両保険がこんなレベルなのでどうしようもない(怒)
クラシックカー専門の保険は、年間走行距離が2000km以下とか、普段乗りに使うことを全く想定していないし、それ以前に保険掛金が高すぎて、現状RX-7ごときが入るような保険ではないんだけどね(^^;
まぁ、トヨタ2000GTならもしかするとこの保険に入ってたかもしんないけど…

バイク保険は、車両保険に入ると、物凄い保険掛け金になるよね…所謂「お断り金額」だ(^^;
当然やじ家のR1は車両保険には入ってないので、ぶっ壊されるとかなり痛い事になるんですよね…5PWも生産から10年以上経ってるので、保険屋的価値はほぼセロに等しい(-_-;

バイクや車を大切に長く乗ろうとすると、税金を上げられて、その上ぶっ壊されても、保障すらまともに受けれない悲しい現実があるのですよ(涙

昨日の夜は、このブログを書いて布団に横になったらそのまま変な体勢で寝てしまって、朝起きたら身体中が痛い…(-_-;
しかし、おもいっきり晴れてる!
体調は良くないものの、これは、ちょっとだけでもバイクで走ろう!そうしよう…
と、ウェアに着替えて、バイクを出してエンジン始動…この前masaさんと2りんかんのイベントに行った時はそれ程、例の異音は感じなかったんだけど、今日はアイドリングからメチャメチャ煩い(-_-;
何かバイクの調子が悪いと、がっかりしつつ走り出します…。

この前は、少し回転が上がると音が目立つ感じで、今日はアイドリングから鳴ってるんだけど…どうも音のリズムが一定ではないみたい。
う~ん…ホントにヘッドに問題が有るんだろうか?それとも、インジェクションボディーの方じゃなかろうか?と、音の出てる所を特定すべく、何度も止まって耳をすませるものの、車体左側で、クランクケースじゃなくて上の方ってのは、確実なんだけど場所の特定は出来ず…まぁいいや(-_-;

CIMG0884

久々に、いつもの丘まで行ってみました!
もう田植えも終わって緑の絨毯状態で、いよいよ夏も近づいてきたなぁ…としみじみ思う(^^;
この後、ちょっと大回り気味に家に向かって走ってたら、だんだと、雲行きが怪しくなってきたので慌てて家に戻りました。
これからの時期は、突然の雨が有るので気をつけないと…
遠くまで普通にツーリング中に雨にふられてしまうのは諦めもつくけど、ちょっとそこまで…って時に雨にやられると結構がっくりするんだよな…(^^;

家に帰ってきて、さっさとバイクを撫でてから、黄砂かなんかでホコリだらけになったセブンに水を掛けて、ホコリを落とす。
コーティング剤を塗っておけば、次回の水洗いが楽になるので、スマートミストを吹き付けながら水分を拭きとって完成!
と思ったら、雨がぱらっと降ってきた…まぁ世の中そんなもんだ(-_-;
おまけに、洗車が終わって、家に入る頃には、頭痛MAXでどこにも行く気にならない感じ…
そのまま、ソファーに寝転がって、夕方まで寝てると言う、何とももったいない休日になってしまった(-_-;

まぁ、こんな日もあるわな…って感じですが、来週はもうちょっとまともな休日にしたいと思います(w

今日は、朝から雨が降ったり、曇ったり、晴れたりを繰り返す、よく分からん天気だったんですが、その晴れ間の時間帯は、メチャメチャ蒸し暑くて、いよいよこう言う季節になってきたなぁ…と実感です(-_-;

さて…先週いきなりレッカーのお世話になったポンテリ号ですが、昨日の会社帰りに引き取ってきました!
ミッション+デフオイル+ブレーキフルード交換+クラッチワイヤー交換で、25000円弱…結構な値段ですが、部品代がセブンに比べると何でも安い(w
これで、一応普通に走れるようになってます♪

ところがですね…タイヤにかなりデカイ亀裂を発見…これは、いつバーストしても不思議じゃない(-_-;
元々、今日はタイヤ屋さんに行く予定だったので、早速行って、色々な銘柄のタイヤを調査…最新のブリジストンのタイヤと、最も安い台湾タイヤの総額での差が20000円…でも、多分夏タイヤとしては、2度と換えることは無いだろうし、Made in Japanを入れることにした!
53000円…特殊なサイズなので軽自動車とは思えん価格だな(-o-;
ここまで、資金を投入したらもう逃げられないわ…

DSC_0703

いつ見ても思うんだけど、ココのお店(ミスタータイヤマン)のピットワークはまさにピットワークですよ…ものの15分位で、あっという間に交換してしまう(^^;
しかも、1本づつホイールを磨き上げての時間…

DSC_0704

作業場の天井には、ツバメの巣が有って、うまい具合に糞対策がしてあった♪
これだけでも、このお店で交換する価値が有ると思う(w
タイヤ交換をした帰り道は…コンフォータブル!
ロードノイズが無くなって超快適になりました(^^/
やっぱりタイヤは、バイクでも車でも、お金出した分は、それだけの値打ちがあるパーツだな…と思う。
財布にはメチャメチャ痛いけど(-_-;

帰ってきたら、カンカン照りになったので、錆びてみすぼらしくなった、ワイパーアームを塗装です。

DSC_0706

ホントは、ワイパーアームを車体から取り外して作業すべきですが、どう頑張っても外れなかったので、車体に付いたまま塗装…こんないい加減な事ができるものポンテリ号ならでは(w
塗った塗料は、ベクのマフラーに使ってた耐熱のつや消し黒で、これも有り合わせではあるのですが、これが妙にワイパーアームらしい風合いになって大満足です(^^b
因みに、耐熱塗料って、バイク・車用より、ストーブとかダクト配管用の耐熱塗料の方が安くて、耐熱温度も高くてオススメですよ(^^b

ちょっと写真を撮り忘れたのですが、この後、ヘッドライトが黄ばんで、曇ってエライ事になってたので、1500番の耐水ペーパーで表面を削って、コンパウンドで磨いたんですが…
耐水ペーパーで磨くと、完璧に曇りガラス的になってしまうので、ここから手持ちのコンパウンドでは、なかなか曇りが取れず結局ホームセンターに「ピカール」を買いに行きましたよ(^^;
ピカールってどこに置いてるのかな?と探してもなかなか見つからず、店員さんに聞いたら、仏壇コーナーに有ると言われてひっくり返った(w

室内のシートのシミとか全部きれいに落として、ポンコツにしてはかなり綺麗になったので、早速クロカン系の車らしい場所に遊びに行きました(^^;

DSC_0708

ここの河原は、冬になると猛烈に雪が積もって、ベクで遊びに来る所ですが…この車ならあの雪でも来れるかもしれない…ってか絶対に行ってやる(w
ってか、本来は、嫁さんのマニュアル練習車、兼雨の日のお買い物車なんだけど…ちょっと目的を見失ってる気がしないでもない(w

既に完全に予算オーバーまっしぐらのポンコツセカンドカー計画ですが…
パテで補修したラジエーターはそのままだし、タービンが非常に怪しいので、もしかするとタービンブローする可能性も有るし、クラッチワイヤーが切れたので、そう遠くない将来、クラッチ板その物も駄目になるかもしれない…
まだまだ、安心して乗るにはお金がかかりそうで頭が痛いんだけど、これまで出来なかったお遊びができるようになる可能性を秘めてるので、いいおもちゃにはなりそうです(w

今週は、出張に行ったり、その準備とか、開発中の装置を展示会に送る準備とか…仕事がバタバタでどうにもこうにもって事でBLOGを書く時間が取れなかったんですが、今日でやっと一息(-_-;
明日は、ポンテリ号が直ったらしいので、仕事を少し早めに切り上げて、引き取ってこようと思います(^^b
いや、この車やさんが駅からエライ離れてるので、明日はいい運動ができそうですよ…

って事で、久しぶりのFZR回顧録です(w
写真を見てると、2002年頃ってのは、少しバイクに乗る距離が減ったりしてたんですね…まぁ、結婚とか引っ越しとか大きなイベント満載で、それどころじゃなかったってのが正解のような気もします(^^;
それと、何故かその頃の写真が極端に少ない…これは、もしかして、データを紛失したとかそんなのかもしれない(-_-;
あ…そう言えば、一番FZRが壊れ倒した時期だったかも(w
とにかく、”乗ると壊れる”ってレベルで、最初にバイクを乗り換える事を考えた時期でもあるんですよ。それと、嫁さんのバイクが半端なく壊れた(w
一週間でタンクの中のガソリンが全部水に変化したこともあったよなぁ…水抜きのホースが詰まって、雨が降ると、どんどん水がタンクに入って、軽いガソリンを押し出して水に置き換わったって恐ろしい状況だったんですが、最初は原因が分からずに、タンクキャップにガムテで蓋をしたり色々やって、タンク2つをパーにしたり…
そんなこんなが一段落し2004年に初めてFZRで北海道に行きました♪

DSC00087

ちょうど10年前のやじです(^^;
滋賀から北海道に行くのは、敦賀港が比較的近いってのが有って、敦賀からフェリーで行くんですが、夫婦2人なので、ちょっと贅沢に個室でゆったりと行ってみたら、これが最高に良くって、もう自走とかアリエナイって思いましたね(w
この年は休みがあまり無くて、北海道に居たのは3日程だったんで、かなり欲求不満状態で帰ってきたんです。
そんで、次の年…勤続15年の特別休暇的な休みと、報奨金を10万貰ったので、もう一回行き直しました(^^;

IMGP0441

この時は、道南を除く北海道を殆ど回ったんです。確か全走行距離は2500km近くになってたと思う…。
こうやって見ると、1週間近いツーリングだけど、妙に荷物が少ない(^^;
まぁ、おみやげとかは、溜まったら宅配便で家に送ったり、衣類はコインランドリーとかホテルとか旅館で洗えば、かなり荷物を減らせれます。
やじは、基本的に出張とかでも極端に荷物が少ないんですけどね(^^;

この辺りまでは、ブログをやってなかったので、写真も少ないし記憶も曖昧…
北海道ツーリングとか、ここぞ!ってのの記憶だけが残ってる状態(-_-;
ナント言うか、真面目な話、こうやって記録しておかないと、後10年もしたら、全て無かった事になりそうで寂しいので、これを書いててまだまだBLOGは書いていこうと決心するやじです(w

さて、この年以降はBLOGに殆どの記録が残ってるんで、改めて書く必要も無いか?とも思って、前・中・後編にしたんですが…FZRを修理したこととかの話が全く無いのも寂しいので、次回は番外編(整備編)を追加したいと思います(ww

 

PAGE TOP