最近、ニュースで「ヤジ」「ヤジ」と連呼してくれるので、非常に気分の悪い毎日を送っています(-_-;
やじのやじは、元々「弥次」なのであって、決して女性を侮辱するような、そんなやじでは有りませんので、誤解無きようよろしくお願いいたしますm(_ )m
いやね…議員さんの会議って言うか、県議会でも市議会でも、国会でも…アレって子供に見せれんでしょ(^^;
そもそも、所謂民放の政治番組なんかで、目付きの悪い記者あがりのおっさんが、人の話を平気でぶった切って、まくしたててるのをよく見ますが…小学校の時に、クラスの討論会みたいなのでは、「人の話は最後まで聞きなさい」「人の話の途中で発言してはいけません」って習ったんだけど…最近は違うのかな?
ましてや、話の揚げ足を取ったり、ヤジを飛ばしたり…会社の会議でやったら、エライ事になるわな(w

さて、ここんところ、このブログは若干テリオスキッドBLOG化してますが…(^^;
梅雨でバイクに乗って、ツーリングに行くには天気が不安定過ぎて予定が立たないとか、やじR1の調子がイマイチってのも有るんだけど、ナント言っても、我が家初のセカンドカーのポンテリ号がネタを提供しまくってくれてる(w
この前のラジエーターの修理で一段落ついたものの、ホントはまだまだ問題点多数ですよ(-_-;
今回は、予算ってのをある程度切ってるので、もうしばらくは実際に不都合が出るまで、お金が掛かるような、部品の交換なんかは控えてるんですけど、もう後5万円出せるなら、まだまだ信頼性+快適性向上の余地は有りまくり(w
今の所、耐え難いって程では無いけど、マフラーの吊りゴムがヘタりまくってて、アイドリングでカラカラと煩いってのは、手をつける可能性が有るかな…あまり、そのまま放置しておくと、結果的にマフラー本体に負担がかかって折れてしまって、マフラーごと交換ってネタになるのは嫌だし(-o-;

そもそも、一般的に16年も前のポンコツ車を好き好んで手に入れて、直しながら乗ろう!って人は、ちょっと変人のだと思われても仕方がない(笑)
やじの場合、乗り物は、古かろうが新しかろうが、自分の手元に来たら、金銭面とか色んな制約の中で、できるだけ快適に調子良く乗ろうとする…ってか、そうやって、バイクとか車に接するのが好きなんですよ(^^;
まぁ、バイクにしても、車にしても、整備不良だと最悪の場合、自分も含めて人を傷つけてしまう可能性が有るので、それだけは避けないといけないし、もし、安全面で問題になるような不具合が有れば、当たり前だけど、それは、お金に糸目を付けず直す。
今回のポンテリ号も、クラッチワイヤーが切れたのは、走れない方向なのでいいけど、ブレーキが壊れたら止まれない方向なので、クラッチワイヤーが切れる切れないに関係無く、ディーラーでブレーキフルードの全量交換と点検をしてもらった。
それと、普通は交換する必要の無いパワステフルードもほぼ全量交換した。曲がれないと危ないしね(-_-;
ラジエーターは、ぶっ壊れたらエンジンが壊れて廃車になるだろうけど、周囲に対する危険度で言うとそれ程でも無いので、ケチってたんだけどね(w

R1の調子の悪さと言うか、気になる異音も、そのまま放置しても、いくら何でもエンジンがロックして事故に繋がる可能性はかなり低いってか、まずあり得ないので、気にしながら乗ってる。ある意味気にしなければ、故障と言えない状態だし、多分後3万キロとか走っても大丈夫だろうと思うんですね。後3万キロあのR1に乗ったら、FZRを手放した時の距離を超えてしまうので、もしかしたら何もしない方がいいのかも知んない(^^;
”でも”、ですよ…やっぱり、「何か不具合を抱えて乗るのは嫌だな…」って思ってしまうのが、やじのやじたる所以でして…絶対に直してやろうと思ってる(w

道の駅とか、高速道のSA/PAに行くと、明らかに「そのバイク、カスタムに掛かった費用でもう一台バイク買えるでしょ?!」みたいに改造点多数のバイクを見かけますが、やじのバイクにしても車にしても、見かけ上はドノーマルっぽくはあっても、出来る限りノーマルの最高の状態にするのに、彼らと同じようにお小遣い(笑)をつぎ込んでるわけですね…金額のレベルは多少違えど(^^;
もちろん、やじのR1なんかは、マフラーは変わってるし、ちょっとカーボンパーツを付けたりしてますが、そこは、ちょっと位自分のバイクの特徴ってのを付けたいようなそんな感じ。多分その延長線上の一番先に、盆栽と言われるような、カスタムが有るのは容易に想像できるし、そうしたい気持はよく分かる(w
もうちょっと、収入が潤沢であれば、やじもその方向に行ってもおかしくない(^^;
ただ、限られた資金の中で、どこに重点を置くか?って事になると、やじの場合は、通常メンテナンスに重点を置いてて、そこにお金をつぎ込むと、他に回らんって感じなんかも知んない…。
なので、異音とか、ちょっとしたアクセルの反応の悪さとか、エンジンのガサツキとか、ブレーキのタッチ、サスペンションの動き、そう言う所を気にしながら走るのが好きなんですよ(^^;
「そんな事気にしながら走って楽しいのか?」って思う人も多数おられると思うんです。嫁さんなんかバイクに乗って何か美味しい物を食べに行くってのが楽しみで有って、バイクの調子なんか走ってる時は気にもしてないってのは容易に想像がつくし…(w
もちろん、やじもずっと気にしまくってるわけではないですよ…時々「フッ…」と気になるだけで(^^;
何らかの不具合とかそう言うのに気がついて、帰ってきてからそれを直して、次に出かけた時に明らかに改善してると、もう嬉しくって嬉しくって…って気分になるのは間違いないです(w

どっちにしても、やじの中でメンテナンスってのは、その大部分が自己満足であることには全く異論は有りませんけどね(ww