昨日は、りんくう7DAYに行ってきたんですが、その行き帰りは、とにかく発進の時のバッキングが酷くって、発進の度にエンストしそうになって、メチャメチャ運転しづらくて参った(-_-;
マニュアル車しか買った事が無いので、シフトチェンジってのは、普段は全く気にしてないと言うか、体が勝手に操作してるので気にする必要も無いんですけど、昨日はとにかくクラッチを離すタイミングとエンジンの回転数が少しでも的を外すと、とたんにがガガガッとなってエンストしそうになったんです。
ちょっと前からその傾向は出てて、ネットでプラグは注文したんだけど、入金処理にミスが有って、昨日のイベント前に交換できなかったんですね。
これまでの25年のロータリー車の経験上、プラグがダメになってくると、この発進時のバッキングと、それ以前に、アイドリングでバンバンバックファイアし出すのですが、今回のFDはバックファイアはそれ程酷くなかったので、ちょっと交換のタイミングを見誤った(-_-;
RX-8の13B-MSPってエンジンは、大体1万キロ~1.5万キロでプラグがダメになったんですが、FDの13B-REWは、前の4型でも5000kmがほぼまともに走れる限界みたいな、オイル交換2回に1回はプラグ交換が必要って、現代の自動車とは思えんレベルでプラグ交換が必要だと思う。しかも、レシプロエンジンのプラグ交換ってのは、ボンネットを開ければ、最近のだと、上にカバーが有ったりしますが、基本は上から交換するんだと思うんです。スバルの水平対向エンジンを除いて(^^;

CIMG0990

REは、プラグがエンジンの横に付いてて、メチャメチャ低い位置に付いてるので、基本はジャッキアップをするとかして、下から交換しないといけない(-o-;
RX-8は、パンタジャッキで左前輪を浮かせて、タイヤを外せば、一応交換出来ましたが、FDでは全部上げないと厳しいです。
上からも慣れればできるそうですけど…見た感じでは、必死に上からやる努力をするより、ジャッキアップした方が断然早そうだったのでジャッキアップしました(笑)
今回から、フロアジャッキを入れる隙間を作るのにタイヤを乗せるかさ上げの台は、2X4材を横に2列に並べて、その上に前輪を乗せるようにしました。前のブロックよりは低いですが、十分機能してました(^^b
激安のフロアジャッキはいつ落ちてくるか分からんので、リジッドラックで支えてます(w
まぁ、このリジッドラックも高さがやたら中途半端でかなり使いにくいのだけど…少なくとも落ちてくることは無かろう(^^;

CIMG0989

この写真は、車の下に潜って、エンジンの下側から上方向を眺めたものです。
プラグの付いてる部分がロータリーエンジンの本体のローターハウジングって部分で、その前後の数センチが、サイドハウジングってまぁ、蓋みたいなもんですね。ロータリーエンジンとしては、基本はそこだけがエンジンって事になります。超簡単な構造…(^^;
2ローターでプラグは全部で4本付いてますが、下側の赤いキャップ方がリーディング側、上の青いキャップの方がトレーディング側って言います。そんで、それぞれフロントとリアに2本づつね。
リーディング側ってのは、名前の通り、最初に点火する方で、トレーディング側は、リーディング側より少し遅れて点火する方です。
プラグケーブルは、NGKの物を使って、赤と青に色分けされてますけど、純正では青と黒に色分けされてます。間違うとエライ事になるので、プラグもガイシにマークが付いてます。

この写真を見ると、下からなら楽勝じゃん!って思ったのですが、これがまた、配線とかホースとかが邪魔になって、ソケットが超入れにくかったり、ラチェットハンドルを回す空間が狭いので、最初長い柄のハンドルで緩めて、その後はショートのハンドルを使って回すって感じにしないといけないので。なかなかなか大変…この作業を5000km毎にやらないといけないかと思うとため息が出ます(-_-;

140629-1

 

取り外したプラグ達…たった5000kmでも、プラチナプラグの電極の先の角が丸くなってきてますね…特にフロントのリーディング側はかなりの消耗度合い…トレーディング側はどちらも多少マシかなってレベルです。
かなり消耗してた事は確かなので、あの乗りにくい状態は改善されること間違いなし!って思いながら作業をしてると楽しいです♪
これが、「えっ?新品ですか?」ってプラグが出てきたら結構しょんぼりしたかも(笑)
作業中、バッテリー端子を外しておいて、念のためにコンピューターをリセットしておきました。

車を下ろして、工具とかジャッキとか片付けて、さて出発!…エンジン掛からない…バッテリー端子をつなぐの忘れてた(^^;
バッテリーを取り付けて、気を取り直して今度こそ出発!
走りだした瞬間から、昨日とは全く別物の車ですね…プラグ交換でここまで激変するってのは、ロータリーエンジンならでは(w
全くバッキングが起こらず、スムーズそのもの!これなら、気楽にドライブできます♪
コンピューターをリセットしたので、しばらく近所の市街地テストコース(笑)を15分程あまり回転を上げずに…ってか、普通に走りって学習機能で車の制御を安定させます。
家に戻って、ベースアイドルも確認しておきたかったけど、最近は暑いのでエアコンを切ってもクーリングファンが止まらないので、調べても無意味なので、そのまま。まぁ、それ程おかしな事にはなってないので問題無いと思います。
一応完璧に直ったので、スロットルセンサーの交換は少し後に回せそう。ただ、ちょっとプラグに敏感過ぎる気がするので、スロットルセンサー、O2センサー、ノックセンサーとかのセンサー類は若干ボケてきてるんかも知んないね(-_-;

作業が終わった頃から急に天気が悪くなってきて、バイクには乗れなくて、今週末は久しぶりにRX-7三昧になりました(^^;
最近バイクブログというより車ブログになってきてる((;・∀・))