2013年4月

17件の投稿

今日は、出勤してる日と同じ位の時間に起きたのに、飯を食ったら、やたらめったら眠くなって+頭が痛くなって寝てたんですが、昨日は、1日で600kmを一気に走ったので、そろそろオイル交換の時期だったよな…と、03-R1のオイル交換をしておこうかと作業開始!
やっぱり1日おきに頭痛が出るみたいでちょっとゲンナリしつつ、今日はいくら時間を使ってもいいので、のんびりと作業をします(^^;

抜いたオイルは、去年の10月末に交換したものですが、それ程汚れてないような…さっき自分のブログを調べて気づいたのですが、前回の交換は25400kmで、現時点は27600km…あれ、24500kmと勘違いしてた(-_-;
って事で、2100kmで交換というメチャメチャ贅沢なオイル交換になったみたい…
汚れてないとは言え、新品オイルとは比べ物にならん位真っ黒ですよ…ま、この黒さはあまり意味が無いのだけど(^^;
それはいいとして、今回はエレメントの交換もしておきます。以前はオイル交換3回まで使うことも有ったんですが、ホンダ謹製のオイルエレメントが以前の1/3の値段で買えるようになったので、確実に2回に1回は交換してます(^^b
何度見ても、何でこの色にしてるんだろ…黒の塗料より安いとは思えないんだけど(w

今回は、この前買ったオイル添加剤のバーダル「極み」を入れてみます♪
色は、やじ愛用のSUNOCOのREDFOX(10W-40)に比べると、かなり黒い感じ…。
最近添加剤でオイルとの組み合わせで凝固するのとかも有るようなので、取り敢えず、ちゃんと混ざるかは確認してから投入!一応、常温では普通に混ざりました。エレメントを交換すると、いつもより200cc以上たくさんオイルが入るようで、今回は添加剤も含めると3.2L近く入ったような気がする…まぁ、オイルレベルゲージの気泡がほぼ見えなくなるレベルまで入れてるので、メーカー推奨値よりは、200cc程多めに入れることになってるハズだから、こんなもんかな…。

そんで、少しだけ試走…まぁね…そう変わらんわね(^^;
要するに、新品オイルの感触ですね(w
一応、ブン回してみたりもしましたが、メーカーが入ってる通り、クラッチが滑るような事も無く、今日は、気温が高かったので、かなり高温までオイルの温度も上がったと思うけど、凝固とかそんな恐ろしいことは起こってませんので、普通に使えてます。
でも…今回はオイル添加剤よりも、そろそろガソリン添加剤を入れて燃料ラインを掃除した方が良かったかなと思いました…。

帰ってきて、バイクを拭いてたら、嫁さんがうりぼんを連れてきた<(`◇´)>ノ

カメラを見ると、違う方向を向いてしまううりぼんですが…今回はミラーに写ってるよ(w

そんな感じで、今日はマッタリと過ごしたのですが、明日は天気が悪いからいいとして、平日はちょっと高速を使いにくいので、高速を使わない所をウロウロするとか、部屋の掃除をするとかそんな感じかな…

03-R1オイル+エレメント交換 27600km

うちのGWと言うと、必ず信州なんですが…今年は…やっぱり信州です(^^;
ホントは泊まりで行きたかったのですが、ココの所の頭痛の件で、殆ど中1日で頭痛が出てる感じなので、泊まりはやめとこうと言うことになり…結局、恒例中の恒例の駒ヶ根、伊那辺りまでぶらっと走ろうと言うことになった…。
出発する時は、伊那のかんてんぱぱガーデンとその後は、現地で考える…うまく行けば高山周りとかできたらいいなとか、相当無謀な妄想も有ったりしつつ、ちょっと遅いかな?とか思ったりしながら朝9時に出発!

この前タイヤ交換して、ちょこっとだけ皮剥きしただけの新品タイヤの2台です(^^/
いやね…高速道路走ってても新品タイヤは違うね…路面に吸い付いてる感が有るもんな…タイヤのバランス調整もバッチリなようで、速度を上げても全く振動とかは出ず!やっぱ新品タイヤはいいわ~♪
写真は、養老SAですが、ここから途中恵那峡SAで給油しただけで、ドーンと伊那ICまで走って、これも完璧に恒例(マンネリとも言う…)かんてんぱぱガーデンへ(^^;

この時期のここは、「取り敢えず間違いがない…」というか、要するに行って(´・ω・`)ガッカリ…ってのが無い(w
天気は最高で、気温も暑くなく、ちょっと寒い感じで丁度良かったです。
いつものように園内を散策+試食の寒天を食ったりして、今回はここの中にあるレストラン(?)で食事をする事に…

他にも色々メニューは有るというのに…やっぱりソースカツ丼(w
いつもの、駒ケ岳のロープウェイ前の明治亭でリスさんとか見ながらも良かったのだけど、今回は場所だけ変えた(^^;
飯を食った後、嫁さんは寒天製品を大量に買い込む…やじも負けじと、夜食用のスープなんかを買い込む!
さて…この後どうしよう…
ここのレストランは、メチャメチャ混んでて待たされたので、かなり時間的に厳しくなった(-_-;
伊那から国道361~開田高原~高山って走ってたら、高山に着いた時点で日が暮れてるだろうし、かと言って、いつものように、駒ケ岳のこまくさの湯に入って、そのまま高速に乗って帰るってのも悪くないんだけど、ちょっと時間的に中途半端なので、取り敢えず国道361で国道19に抜けてみる…いや、そこに抜けてどうする?ってのはこの際考えない(^^;

途中伊那まで戻る農道での一コマ…雪が残ってる山は南アルプスの山々です。

そんで、国道19に出た時点で、既に4時だ…これは、予想通り高山はムリなので、そのまま19号を名古屋方面に走って中津川で高速に出会うのでそこから、高速に入って帰ろうって事になった(^^;

途中、木曽駒高原←って道路標識が有ったので、曲がって別荘地らしき所を抜けると、いつも見てる駒ケ岳の後ろ側が見えた…どっちが後ろで前か分からんのですが(^^;
中央道の走ってる方が前だとすると、これは後ろって話です(w
いや~とっても綺麗な景色♪寄り道も悪くないな…とか思いつつ、この時間でこんな所に居るのかと我に返って、国道19号へ復帰。
国道19号と言えば、1台トラックが走ってると、コンボイ状態になって、なかなか前に出れない道のイメージなんですが、今日は比較的すんなりと走れて、一回トイレ休憩で道の駅「大桑」で止まって、中津川で給油した以外は走りまくり…。
ようやく、中津川ICから高速に乗ろうとしたら、何かゲートの前辺りで、入ったはいいけど、戻ろうって感じの挙動不審な車が何台か居る…こいつら何考えとるんだ!とかブツブツ言いながら、ゲートをくぐったら、理由がわかった…物凄い渋滞で加速レーンから本線に入れない車でごった返してた(-o-;
いくらGWだと言っても、中津川から延々とこの渋滞は耐えられん…インカムで、「次の恵那で降りた方がいいんじゃない」って事で、とにかく恵那まで不本意ながらすり抜けなどしつつ、進むと、その恵那ICの近くの、どう考えてもほぼ直線で、単独事故が有ったみたいで、その現場を過ぎるとガラガラになったので、恵那ではおりない事に…こんな時インカムが有ると便利だ(^^b
それにしても、その後も、高速道のあちこちで事故だらけだったんだけど…「どうしてそこでそこにぶつかる?」みたいなのが多くて、若干どっかからぶつかってこられやしないかと不安になったり(-_-;
日が落ちて、寒くなってきたので、内津峠でネックウォーマーを付けたり、暖かい缶コーヒーを飲んでから再スタート…

これは、多賀SAですが、関ヶ原辺りの寒さはちょっとGW離れした寒さで、何となく昨日の夜に外に出たら肌寒かったので、ガッツリとウィンタージャケットを着てきたんだけど、これ、ちょっと薄着してたら走ってられん寒さだったと思う…
ここから、本来は大津ICで降りる予定だったんだけど、渋滞情報によると、栗東から西で渋滞が有るようなので、結局行きと同じく竜王ICで降りて帰って来ました。

さて…競いあって買った寒天製品(左)と、おまけでもらった品々(右)…(^^;
家に帰って冷静に見てみると、どんだけ買っとるんや!って感じ(w
まぁ、嫁さんのお友達へのおみやげとかが含まれてるので、全部食うわけではないんだけど…

そんな感じで本日のコース

走行距離…ナント 600kmちょうどだ!
燃費 21.2km/L (新しいタイヤって燃費いいの?)

今日は、一瞬「うわ…頭痛が来そうだ…」って感じにはなったものの、本格的には痛くならず、天気に恵まれて、久々の長距離を新しいタイヤで、夫婦揃って元気いっぱい(笑)走れたので大満足です(^^/

昨日は、雨が降る何て予報はどこにも無かったのに、夕方からガッツリ雨が降ってきて、夜中は本降りで、しかもメチャメチャ寒かったです。その時点で、「今日はバイクは止めた…ベクのオイル交換だな…」と決めてたので、その通りに実行しました(^^;
朝方まで雨が降ってたので、路面が濡れてるから、バイクいじりがしにくいので、少々遅目の昼前スタート…今日もGW中としては近年になく寒いような気がする。

ベクのオイル交換は前回2月にやったんですけど、約2ヶ月で1200km位…一番寒い時期としては、順調に距離を伸ばしてます(^^;
嫁さんは、雨の日も風の日も雪の日もコイツで買い物に行ってるんですが、車より経済的なのでホント助かってるんで、こいつがいつも元気に問題無く走れるように、メカニックやじにも熱が入る(w
まぁ、この時期に1200kmでオイル交換だと、楽勝って感じですが、粘度はあるものの、汚れが結構出てますね…どうしても、短距離のスタート/ストップを繰り返すのと、温まる前にエンジンを切っちゃうので、案外寒い時期ってエンジンには良くないような気がするので、今回もこの距離で交換!
最近、クーリングファンの辺りから、コロコロ…って変な異音が出てたので、空冷シュラウドを外してみたら、ファンを留めてるボルトが1本外れてて、更に1本はユルユルになってた(-o-;
そんで、その写真を撮るのを忘れてた…ブログとしては、ココ見せ場だったのに(w

去年に、このファンを台湾仕様に交換した時に、やじのボルトの締めが足りなかったんだな(-_-;
こう言う”回るパーツ”のボルトって結構緩むから注意はしてたんだけど…なんせ6mmのプラスネジって奴なんで、締めが甘かったようだ…今回は、六角穴付きボルトに変更して、少しだけネジロックを入れておいたので、もう緩む事はなかろう(^^b
時々この手の締め足りないミスが出るんですけど…プラスネジってどうもトルクの掛け具合がよく分からんと言うか、ねじ山潰すのが怖くって、緩い方向でミスるんだよな(-_-;

お次は、前回適当にキャリパーの掃除をしただけで、ちゃんと揉み出しをしてなかったので、フロントキャリパーの揉み出しをしておくことに!

この手のスクーターとしては、異例とも言える程、整備されまくってるキャリパーですけど(笑)、完璧に雨ざらしなので、どうしても錆が出やすくなります。このキャリパーは、このベクでは2個目で、最初に付いてたキャリパーは、どうしようもない位、シールの溝の錆が酷くなって、アドレスV125の走行距離の少ない奴の中古パーツなんですが…そろそろ、シールは交換しないといけないかも…
それにしても、そこらにほぼノーメンテで走ってるスクーターのキャリパーってどうなってるんだろ…異常に気付いてないだけかな?ディスクブレーキのキャリパーって結構汚れに敏感とまでは行かないまでも、引き摺りは出ると思うんだけど…安全性は相当な状況まで保たれると思うけど、エコを唱えるなら、キャリパーの掃除は月一でやってもいいと思うけどね(^^;

ベクって、排気量は125ccしか無いし、決してパワフルに走るバイクではないです。でも、このキャリパーとか、駆動系の整備をして、いい状態にした時の体感ってのは物凄いものが有るんですよ…元々のパワーが無いために、余計にロスしてる部分を直してやると、その差の絶対値は小さくても、比率としてはデカイですから(^^;
やじのR1だと152psだったっけ?それ位の出力が出てるので、パワー感として整備の恩恵を体感する事は滅多に無くて、どちらかと言うと、操作感が上がるって場合が殆どなんですけど、ベクは違う…ガチでパワーアップしたような気がする…なのでやりがい満点(w
もちろん、操作感の向上ってのは、大きくて、それなりに高速域まで使うバイクにとってはものすごく重要で、やじなんかは、ちょっと操作感がおかしいと感じると、その日1日が、折角バイクに乗ったのにがっかりした気分になるし(´・ω・`)ショボーン
どちらにしても、キャリパーの整備と、駆動系(R1:チェーン、ベク:ベルト、プーリー)の整備は、一番安上がりで手軽で、一番効果を体感できる整備なので、手は汚れるけど好きな部類の整備だったりします(^^/

その次は、それなりに距離を走った場合は、フォークオイルの交換ですかね…10000km前後で交換すべきだと思うんですが、それ位で交換すると、メチャメチャ動きが良くなったような気がするし、多分あの超高価なパーツを長持ちさせると言う意味においても、やっておいて全く損は無い整備だと思うんですね。
ただ…自分でやると、かなり大変…10000kmに1回と言われても…あ…やじのR1は前回のフォークオイル交換から既に10000km走ってる…そろそろ、フォークオイルを交換しないといけないようです…(-o-;;;

さて、ベクの整備が終わって、廃油を捨てないといけないんだけど、これはいつも通り、切り刻んだ古新聞に吸わせて、燃えるゴミとして捨ててるんですが、その処理をしてると、庭の雑草が物凄い事になってきている事に気付いた(^^;
これは、これからどんどん暖かくなって、更に雑草が増えてくるので放置してたらマズイので、雑草抜きを始めた…

大きい方のゴミ袋一杯になったので、まだまだ、雑草は残ってるけど終了…この中に廃油の入ったゴミ袋が内蔵されています。
この時期の雑草って、水分が多くって燃えにくいだろうし、廃オイルでよく燃えるように配慮しておきました(w
このみずみずしい雑草が食えたら、野菜代が結構浮くだろうな…とか思いつつ、やじのGW初日は終わってしまったのでした(^^;

ベクオイル交換 68290km

明日会社に行ったら、長期の連休に入るんですけど、どうも今年は頭痛のお陰でもっさりしてます…(-_-;何か1日おきにひどい頭痛が来る感じで、ホントは泊まりで信州にでもバイクで行こうかな…とか、思ってたんですが、出かける時とか、走ってる最中に頭痛が来たりしてもえらいコトになるので…止めた(´・ω・`)ショボーン
でも、大丈夫な時は大丈夫なので、隙を突いて走りには行きます(^^b
そんで、4/30-5/2はは休みなんだけど、ここは高速の半額が無いので、近場をウロウロか、ちょいとバイクの整備をしたいとか思ってたり、やっぱり連休となると心躍るモノはありますけどね(w

さて、我がブログですが、かなりのネット僻地でホソボソと続けてますけど、ありがたい事に毎日200近い所からアクセスされてます♪
いや、商業サイトなら完全に失敗サイトですけど、個人が物凄くニッチな分野で、どうでもいいことをウダウダと書いてるサイト運営者のやじとしては、とってもありがたい(^^/
いや、マジで…

自宅にサーバーを置いて運用してるので、ここからアメリカの国防総省とかNASAとかへの攻撃の踏み台にされて、ペンタゴンから警告書頂くと、それこそ身の危険を感じてしまうので、それなりにムチャな事がされないようにはしてるんです(^^;
その一環として、一応アクセスログとかも取ってるんですが、まぁ、基本的にWebサーバーへのアクセスは、日本国内がメインで、時々アメリカとかニュージーランドとか、ヨーロッパ辺りから間違ってアクセスされてるような感じ(^^;
Webサーバー以外へアクセスされてるのは、全て攻撃なんですけど、殆どをルーターの段階で、残りをサーバーで弾いてるんですが、これがまた物凄い数であっという間にログが数MByteに達してしまう(-_-;
まぁ、機械的にアクセスしてるのは分かりきってるんで、こちらも淡々と機械が弾くって感じですが、ユーザー名に、ダイアナとか、キャサリンとか、マークとか、ジョンとか舶来な名前を使ってアクセスしてくるんです…そんな名前のユーザー作るか!(w

普段は、アクセスログは、全部見るなんて不可能なので、緊急事態的な異常なアクセスが有った時とか、このブログにスパムが有った時位しか見てないし、ルーターで弾いたアクセスなんかは、1日もログが持たないので、ルーターがダウンした時しか見ないんだけどね(^^;

そんで、そのアクセスログを見てると、Webサーバーへは、グーグルとかヤフーの検索で、見に来て頂いてる方も大勢おられて、気に入って頂いたのか、アホだなーとか思って頂いてるのか、数ページに渡って時間を割いて見ていただく方もおられれば、一瞬でお帰りになる方もおられる…そらそうだわな(^^;
もちろん、その後、定期的に見ていただく方もおられれば、一期一会の方もおられる…そんで、どんな記事が後からよく見られてるのかなと調べてみたら、トップは予想通り、FZRの整備関係の検索で来ていただいた方ですね。
どれだけ参考になったか心配な面も有りますが、まぁ、一番最初からのネタなんで、数だけ見ればそうなるのも頷ける。第二位は…原付二種関係の検索で来られてる方。
いやそんなに、ベクの記事書いてるかな…とか思いますが、確かに、乗る距離がちょこまかと増えてるし、なんせ一時期壊れたおしてましたからね…それに、ネタに困った時のうりぼんとベクみたいなところも有るし(^^;
特に人気(笑)は、このやじの主観だけで比較した記事だったり…
流石に内容が古くはなってますが、原付二種を選ぶ時の参考にして頂いてるのかなと…ちょっと責任を感じてしまいますが…結論が「ベクスター最高!」になってますんで、参考にはなってないかな?(w
まぁ、参考程度にもなってないかもしれませんが、自称原付二種普及委員会なので、ちょっと嬉しかったりもします(^^/

今日は、午前中にサーバー異常が起こって、携帯に「おかしいぞ!」って自分のサーバーからメールが来て、その場で、マシンの再起動を携帯からやって、帰ってから久々にサーバーのログを見てみたって感じ…。

それにしても、いつも多くの方のアクセスありがとうございますm(_ _)m
期待に添えない記事かも知れませんが…それなりに、一生懸命書いてますんで、時々…

ポチッとしていただけると嬉しいです(^^/

そこかよ…って(^^;

この前の土日は携帯ペチャンコ事件で、アタフタして結局ろくでもない休みになったんですけど、昨日の修理と言うか、リビルド品を受け取った時の事でちょっと書き忘れてたと言うか、引っかかることが有ったので…(^^;

やじの使ってる携帯キャリアは、A○なんですが、このサポートシステムって、初めて使ってみてそのレスポンスの速さに、流石毎月399円取ってるだけの事が有ると感心して、このオプションは明らかに価値が有ると思ったんです。
本来は、代替機が不要なら、ショップに持ち込む必要も無く、電話をかけたら、自宅に新しい端末を2日以内に届けてくれるってシステムになってるんですね。
そんで、送られてきたら、壊れた方を送り返すって事になってて、紛失以外の場合は、送り返さンかったら45000円だっけ、すげー違約金的なのを取られるので、多分間違い無く送り返す事になると思うんです。
今回のやじの場合も、ショップに持ち込んで、ショップでサポートダイヤルに電話をかけてもらって、依頼人が直接サポートの人と経緯を話す感じになってたんですが、昨日、ショップに代替機と新しい端末を交換に行く時に、壊れた端末も持ってきて下さいって言うもんだから、持っていったんですよ…あのグチャグチャのを(w
そんで、豪快にダンプに踏み潰されてるので、中の電池もペッタンコとまでは行かないまでも、ボコボコで、プラスチックの部分が割れてたり、何か中身が出てきそうなヤバイ状態で、そもそも、踏まれた場所から持って帰るかどうかも考えた位だったんです。
いや…これ、リチウムイオン電池ですから、コイツが発火したりすると手の付けられない爆弾みたいなもんなんで、ポケットの中で爆発したらヤバイと、電池だけはリアシートの下にタオルに包んでもって帰ってきた(w

話は戻って、ショップで壊れたのを出せと言うから、てっきり処分してくれるのかと思ったら、返送用の専用の封筒に名前を書かされて、ショップのおねーさんが、携帯本体と電池をそれぞれ丁寧にビニール袋に入れて、その封筒に入れてくれて、「帰りにでもこれをそこらのポストに投函して下さい。」と言われた…(^^;
あくまでも、このサポートシステムは、ユーザーとキャリアの間の取引で、ショップは代替機の貸し出しとか、データ移行の処理をするだけで、返送するのはユーザーですよって話なんですね。
まぁ、別に郵便料金がかかる訳でなし、ポストに入れる位はやりますが…恐れ多くも、入ってるモノが、中身が出そうな位潰れた”リチウムイオン電池”となってるんで、「マジですか!?」って思って、「バッテリー入ってますけど、これポストに入れていいんですか?」と聞いたら、「残ってる全てを返送する決まりになってますので。」とにこやかに言われた(^^;

いやね…何と言うか、海外から持ち込んだらイカンお薬を、他人のアタッシュケースに入れるとかそんな罪悪感いっぱいのまま、送れと言われて送らずに45000円を払うのも馬鹿らしいのでポストに投入した(w
そんで、まさかポストが爆発したり、配送中に爆発したりしないだろうかと心配だ…(-_-;
そんで、先程キャリアのHPで、「お客様のご意見」に、「バッテリーは封書で送らん方がいいのではないか?」と投稿しておいた(w

携帯とかデジカメで当たり前に使ってるリチウムイオンバッテリーですけど、あれ、物凄く小さいのにめちゃめちゃパワフルですよね…それだけ、あの小さい所にエネルギーがたっぷり詰まってる訳で、そういうのを、専門用語では「エネルギー密度が高い」って言うんですが、この前から、ボーイング787とか、M社とかN社の電気自動車で問題になってる、リチウムイオン電池は、一度暴走を始めると、その中のエネルギーを遺憾なく発揮して、パワフルに燃えたり爆発したりするんだな(^^;

当然、充電でも、放電(使う方ね)でも、完璧に制御して使わないと危ない電池なんで、↑の写真みたいに、プラスとマイナスともう一個「T」って端子が付いてて、コイツで中の温度を見ながら充電したり使ったりしてる。
一定温度以上になると、充電は止まるし、決められた電圧以下になると、完璧に遮断してそれ以上の放電が起こらないようになってるんですよ…放電させ過ぎても、中で金属リチウムが出てきてショートとかそれに続いて発熱とか、発火とか爆発しちゃうから(-_-;
なので飛行機なんかでは、厳重に設計したにもかかわらず、発火が起こって大問題になってる…

最近バイク用のバッテリーでも、リチウムイオン電池が出てきてますね。すげー軽いので若干そそられるものが有るんですけど…(^^;
恐らくこの電池の中には、充放電コントローラがしっかり入ってて、問題が無いようにコントロールされてるとは思うんですが、某電気自動車みたいに、検査の時に衝撃を与えた事が原因で火が出る電池ですからね…そのままバイクに積んでいいのかと(-_-;バイクで走ってる時に、R1の場合、お尻付近から出火とか、爆発して戦闘機の脱出みたいにビヨーーンって全くシャレにならないので、新しいモノ好きのやじでも躊躇してる(w

って事で、ポストに投函した電池が、問題無くサービスセンターに届くことを祈ってますけど、決してやじはテロリストでも何でもない、言われた通りにやった小市民です(^^;

PAGE TOP