昨日は鈴鹿ツインサーキットに行って、少々打ちのめされたんですが…昨晩は結構な筋肉痛でシップ貼りまくりでした(^^;
そんで、昨日のブログで、元気だったタイチのイベントを見に行こうかと書いてたんですが…アレを書いてる状態では、何となく強烈な筋肉痛で一日寝てる自分を想像しつつ書いてた(笑)
オマケに昨日の夜は、雨がザーザーと降ってて、バイクに乗ってどこかに行ける天気かも微妙だったんですが、朝起きたら、体は全然平気で、雨も降ってない♪これなら、ちょっとバイクに乗ってフラフラできそうだと、ササッと準備をして外に出たら…何だか西の山の方角は、ドヨ~ンと曇ってる(-_-;
これは、メッシュジャケットだとヤバイかな?と、レザーのジャケットに変更してから出発!
走りだすと、気温的には、少々暑いかな?って程度で、メッシュジャケットのインナー入りでちょうどいい位だと思ったんだけど、京都市内の西の方に行くに従って雨がポツリポツリ…何度か引き返そうかと思いつつ京都縦貫道に入ったら、結構な勢いで降ってるし(-o-;
高速道路に乗っちゃったんで、 もう引き返す選択肢は無いので、雨は気にせず走ります…雨は諦めたら気にならなくなるし(^^;

雨が降ったり止んだりの中、スプリング日吉到着!今年でコレに来るのは3回目ですけど、毎回そのバイクの多さにびっくりする(^^;
なんせ、この付近を走ってると、やたらめったらバイクとすれ違うと言う、ちょっとしたバイクブームの時代さながらの様相です(w
今回は、嫁さんは明日水泳の大会が有るとかで、行ってられるか!って事で初めて一人で来ました。
じゃんけん大会とか、トークショーとかやってるようですが、その辺りは特に興味も無く、もっぱら安売り掘り出し物目当て(w
まぁ、後はメーカーの人にちょっと質問をしてみたりと…。今日はタイヤメーカーさんとチェーンメーカーさんに色々質問…。
印象に残ったのは、日本のタイヤメーカーは、タイヤ自体の剛性を上げてコンパウンドを柔らかめでグリップを確保して、ヨーロッパのメーカーは、コンパウンド自体のグリップは少々劣っても、タイヤ自体を柔らかく作って、タイヤを荷重で潰して接地面を確保してグリップを確保する方向らしい…どうりで、ピレリのタイヤを、手組みしたら、やたらめったら柔らかかったもんな…。
これは、ヨーロッパには石畳とか結構滑りやすい路面が多いって事情も有るようですけどね。最近は日本メーカーのタイヤもタイヤ剛性を落とす方向みたいです。
EK チェーンの人には、チェーンオイルの正しい差し方と、チェーンオイルの選び方って言うか、普通どんなチェーンオイルを進めてるのか聞いてみた。チェーンオイルの指し方は、特に間違った事はしてなかったけど、チェーンオイルは、EKチェーンさんでは、納豆糸引きタイプと、ホワイトサラサラタイプと、その中間を出してられるようで、納豆糸引きタイプは主にオフロード向けのような事を言ってられましたね…。一度、この中間タイプも使ってみたいと思いました(^^b

掘り出し物は…

去年買った、R1用前後のパッドもまだ使ってないんだけど…今回はFZRのリア用を2500円でゲット!
FZRは、部品取りの中古キャリパーに付いてたデイトナ赤パッドって酷い扱いなんで…これ、狙ってた(w
他にも買おうかと思うモノは多数有ったけど、現金をあまり持って行かない&積載力を最低限って魔物対策をしていったので、買ったのはこれだけです(^^;

1時間位会場をフラフラしてから帰ります。帰り道はウッディー京北経由、国道477~花背~鞍馬~大原~途中~自宅の経路に。今回は雨が降ったり止んだりなので、距離的には最短の林道コテコテコースは避けました…

何でこんなイベントに毎年行ってる理由の一つが、この時期に京都市北部の山村を走ると気持ちがいいんですよ(^^b
そんで、毎年ススキを見るのもこの時期ですね。 秋もだんだんと深まって行ってるのを実感がします…。

今回は、酷道で有名な、国道477の百井峠を越えなかったので、天狗で有名な(笑)鞍馬寺の前を通過します。ここまで電車が通ってるので、人もいっぱいです。鞍馬寺は寺ですけど…どっちかと言うと、自然信仰的な感じですね。今日は山門の前で写真撮っただけですが…

そんな感じで、本日のコース…

行き道の京都市内の大渋滞を除いて、コースとしては超快適です(^^b
雨が降ったり止んだりしてましたが、京北から自宅までは、前半雨が降ってた事をチャラにしてくれるような秋晴れで爽快に走れました♪

走行距離 167km
燃費  18.5km/L

昨日は、サーキットも含めて、FZRで280km程走って、今日はR1で走りましたが、R1はホント疲れないバイクだと思う…(^^;