本当は昨日の夜に作業をする予定だったんですが…仕事から帰ってきたら疲れ果てて、全くヤル気になりませんでした(-_-;
まぁ、やり出してしまえば疲れも吹っ飛ぶところなんですけど…手を付けるに至らなかった(笑)
って事で、嫁さんは昼までの勤務だったので、帰ってくるのを待ち構えて作業開始!

取り敢えず、前のカウル、ハンドル周りは全部外さないとステムが抜けないので、この状態にします…本当は、ハンドルに付いてるパーツも全て外す方がいいんですけど…面倒だから前にひっくり返した状態で置いておきました(^^;

この状態で、下にジャッキを入れてタイヤを外してから、ステムナットを緩めてアンダーステム+フォークを抜き取るのですが…緩めるとステム自体が下に下がる…当然ですけど。5mm程ステムが下がった状態で、何やら下でパラパラパラ~と音がして、物凄く嫌な予感…(-_-;
そう…ベアリングのボールが飛び出して転がり落ちた(-o-;
まさか、そんなに小さいボールだとは思ってなかったし、いくら何でもパラパラ落ちる位グリスが無くなってるとは想像もしてなかった(^^;

いやね…これで動いてたのが不思議だ(w
完全に錆びて、グリス成分は一切無い…ボールは飛び出して5個程行方不明だし…どうしたもんかと思ったんだけど、仕方が無いので、いつもお世話になってるバイク屋さんに行ってみたら…流石物持ちのいいバイク屋さん!いっぱい中古のベアリングのボールを残してて、使えそうなのを分けてくれた(^^/ いや~ホントここのバイク屋さんにはお世話になってます!
それでも、錆びたボールも使わないといけないので、錆びたボールはCRCを含ませた布に包んで、ボール同士を擦り合わせて錆を除去…真っ黒のボールになりましたが、もういいや…このまま使おう(^^;

ガビガビ+サビサビのボールレースは、CRCと1500番の耐水ペーパーで磨いてみたら、案外見られる状態になりました(^^;
普通は絶対に交換レベルですが、当然パーツの手配もしてないし、そもそもガタも無かったから行けるんじゃないかと(w

アンダーステム+フロントフォークは、ASSY交換なので、下側のボールレースは問題は有りません。
当然左が外した方で、右が今回組み付ける方。一応単体でキレイにしておきました。

ただでさえ、ココのベアリングはグリスまみれにしておかないといけないのですが、状況が状況だけにグリスを盛る手にも熱が入ります(^^;
もうね…これでもか!って位グリスを塗りたくって組み付けました!
組み付け自体は簡単です。これだけグリスまみれにしておくと、ボールも落ちてこないし、全体に小さくて軽いので作業は楽勝です。

ちょこっと試走に行ったら、ステムナットを締め過ぎたようで、乗れたシロモノでは無かったんで、少しトルクを抜いて組み直し→試走!
まだ、若干オーバートルクな感じなので、またまたトルクを抜いて試走…ワオ!凄くいい感じ(^^/
そもそも、今まで酷過ぎる状態だったんで、驚きのハンドリング(w
ボールベアリングって、案外トルク範囲が広くって、少々キツ目でも問題無いんですが、流石にあのボロボロのボールではアカンようです(笑)
テーパーローラーだと、トルク範囲ってかなり厳密に合わせないとあきません。少し強く締めるといきなりセルフステア”ゼロ”の乗れたシロモノでは無いバイクになるし、逆に少しでも緩いと速攻ベアリングにガタが来てしまいます。
そうそう、バイクってハンドルが動かないとホント乗り物とは言えないモノになってしまいます。マジで怖いですよ。
カーブを曲がる時、ハンドルを曲げて曲がってるわけじゃないんだけど、自然に微妙にハンドルが切れてバランスを取ってるのが、このステムの調整で凄くよく分かります(^^;

本題のフォークの方も、きっちり仕事をしてるようで、ビヨンビヨンしないのでカーブでバンクさせることが可能です…当たり前なんだけど、以前はバンクさせるとガクガクブルブルだったので、かなり緊張を強いられたんです…そこまで放置するなって話ですけど(^^;
ま、ハンドルを逆さにしたんで、ブレーキにエアが噛んで一瞬ビビりましたけど、それ以外に問題は無くこれなら十分走れます!

この後、車のクラッチマスターとオイル交換に行って、修理してもらってる間散髪に行ってさっぱり♪
散髪して、店に戻ったら冷たいコーヒーが出てきて、おまけに修理もオイル交換も終わってる…いや~やっぱディーラーさんに整備を頼んだら楽だわ(笑)
もちろん工賃も、カードでニコニコ一括払い…これができるのもいい(^^;

懸案のベクの修理と車の修理と散髪+床磨きを一気に出来て取り敢えず満足な休日でした…明日はバイクに乗ろう(^^b