予想通り寒くなって、うちらの辺りでは今も小雨が降ったり止んだり…星空なのに(-_-;
この辺りの典型的な冬型の天候です。

さて、この前ユニクロの手袋で、冬のバイク用にいいのが無くなったってな事を書いたんですが…有りました(^^;

コレ!
インナーを付け外しできるようになってて、風が入らなくて暖かい(^^b
インナーを入れると若干ごわつきますが、アクセル操作、クラッチ操作を邪魔する程ではないし、近場のチョイ乗りやスクーターなんかだと、十分使えそうです。
もちろんですけど、本格的なバイク用ではないので、こけたりしたら知りません(^^;
ま、バイク用品店に行くと、到底安全面は無視したようなグラブはいくらでも有りますけどね…

今週末は、何とか晴れそうですが、北の方は行ったら雨みたい。
とりあえず、土曜日は朝から嫁さんのバイクのオイル交換をして、できたら昼からちょこっとその辺りを走ってって感じにしようかな(^^)
ま、オイル交換とは言え、バイクを触りだすと、やたら拘った作業をして深みにはまったりするんですけど…ここがプロとの違いですね。
プロは、力の抜き加減を知ってる。もっと言えば、力を抜いていい所と、そうでない所を押さえてると言うか…。
中には、「オイ、そこは力抜いたらいかんやろ…」みたいな、整備をする所もあります…って言うか、クソトルクでリアアクスルをガチガチに締められて泣きそうになった事が有るんで、その場合は力入れ過ぎって感じですけど…そう言う意味じゃない…ちゃんとトルクレンチを使えよって事で(^^;

以前お世話になってた、レース経験のあるお店の場合は、そりゃもう丁寧な作業と、こっちが唖然とするほどの拘りようでしたが、当然の事ながら工賃は高め(^^;
でも、そこは勉強の意味も有って、つぶさに作業を見せてもらって、色々質問をしたり、工具の使い方のイロハまで教えてもらったりしたので、その時の工賃は高かったですが完全に元を取ってる気分です(^^b
引越ししたので、そのお店にはなかなか行けませんけど、だからこそその時に教えてもらった、手順とか勘所と言うかは私の大切な資産だったりします。

自分のバイクでは関係無いですが、レースに出るバイクのミッションを組む時に、おっちゃんは、ギアの歯を1ずつ研磨して行くんです。そうすると、研磨して無いミッションは、手で回すと、「ギュイン」と回ってすぐに止まってしまうんだけど、研磨した方はいつまでも「シャー」って回ってる!
レースってこんな事の積み重ねなんですね…
それでも、そのバイクでレースに出てた人は、鈴鹿のバックストレートでワークスのバイクに「排気量倍ですか?」って感じに抜かれてションボリしたそうですけどね(^^;

それ見てスゲーっって思いましたが…例え私が頼んでもそんな作業は絶対にしてくれません。おっちゃんが言うには、自分のバイクなんだからそういった所は自分でやればいいと。うまくやれば、絶対に違いは分かるけど、猛烈な工賃を払ってやるべき事じゃない。それなら、ホイールベアリングの交換だとか、フロントフォークのOHとかスウィングアームのOHに金を使えと…要するに俺に任せろと(^^;

そう言うレースに出てる人とも色々と話ができたし、最初に出会ったバイク屋さんが、こんなお店でとってもラッキーだったと、今更ながら思ったりする今日この頃です(^-^)