2008年10月

11件の投稿

この前の土曜にFZRに乗ってバイク屋さんに行ってきましたが…やっぱりまだ納車日未定(-_-;今のところ部品は揃ってるのでうまく行けば早めの納車も可能らしいですが…整備中に新たな問題が分かって部品交換の必要が出てくると…いつになるか分からんとのこと。
自分で整備しててもよくある事なので、お店の言いたい事はよく分かります(^^;

でも、受け入れ準備だけはしておかないとって事で…

まずは何はともあれ必要なコレ…

ゴム紐です(^^;
YB8に限らず、たいていのbimotaはちょっとでも車体を起すと自動的にサイドスタンドが跳ね上がる、bimotaのオーナーの間では「自爆装置」とも恐れられるおせっかいな機能が付いてます。
そのため、強い風とかでも車体が動くとサイドスタンドが跳ね上がってそのままコケると聞きました(-o-;
なので、勝手に跳ね上がらないようにサイドスタンドを前ホイールとかからゴム紐で固定しないとダメだそうです(^^;
と言うわけで、早々に入手しておきました(^^;

お次はコレ…

レーシングスタンドです。
今持ってるレーシングスタンドは、スウィングアームを持ち上げるタイプですが、このタイプだと、YB8のように後ろまでシートレールが無いバイクの場合、引き上げる力をかける場所が無いので使えません(-_-;
従って、このDucati用のスタンドのようにリアホイールのシャフトに棒を通して、ハンドルを持ってスタンドをかけるタイプでないとダメだと言うことで入手!
見ての通り中古品で安かった(^^;

で…コレ…

YB8はフロントカウルがアッパー、ロアとに分かれてないので、カウルを外すにはカウルの下の部分を、前ホイールの下を通して外さない限り外れません(-_-;カウルが外せないと言う事はオイル交換すらできないわけですね…恐ろしい整備性です(^^;
と言うわけで、フロントを吊るして前を浮かす事ができるように、この足場を組んでタイダウンベルトで吊るしてみよう…って事でとりあえず必要そうな足場の部材をゲット!

ちなみに、なんとステムシャフトの中にチョークワイヤーが通ってるので、FZRの場合に前を浮かすのに使ってる一般的なフロントアップスタンドは全く使えません(-_-;
ま、フロントアップスタンドで前を上げてもカウルが外せないので、結局意味無いのですけど…(^^;

何かと大変そうなバイクですが…やっぱり納車が待ち遠しいです(笑)

FZRの方はと言うと、気温が下がってやたら調子がいいです♪
多分ちょっと濃い目の設定が今位の気温に合ってるんでしょうね…コレ位の設定がちょうどいい感じなのかも(^-^)

突然かなりの金食い虫となりそうなバイクを買ってしまったので、節約モードに突入してるヤジです(^^;
#そのバイクはいまだ納車の日程も決まらん状態です…

FZRの方もリア周りのOHパーツも買わないといけないし、嫁さんのFZRのフロントタイヤもズルズル状態だし…既にボーナスは無いも同然(-_-;

と言うわけで…

かなり長く使い続けてる冬用グラブも穴が空いてて、そろそろ買い替え時期かと思ってたのですが…嫁さんにお願いして直してもらいました(笑)
これで、またしばらく使えそうです♪

さて、私がソファーに寝っ転がって、うりぼんを胸に乗せると…

私の手を枕にして寝てしまいました(=◇=)wカwワ~
あまりに可愛かったので、嫁さんに頼んで写真を撮ってもらいました♪

この前のツーリングで嫁さんのクラッチマスターのオイルがえらい減ってるような気がしたので、点検をしました。
このキャリパー…私のは既に2回オーバーホールしてるんですが、嫁さんのはまだ一度も漏れた事が無かったので、いよいよか…と思って作業開始。

汚いですが…オイル漏れは無し(^^;
マスターのリザーバータンクも開けてみると、キャップのゴムが伸びてるだけで、さほどオイルが減ってるわけでもなかったので、オイルの入れ替えと、キャリパーの掃除+グリスアップだけで組み直しました。こういった調子のいいパーツは下手にいじると、寝た子を起すようなものなのでそのままにしておきます(^^;

お次は、私のバイク89-FZRで、以前ウォーターポンプからのクーラント漏れがあって、一度ボルトの締め付けトルクを全部抜いて、締め直した状態で水漏れは止まってるようです。でも…手持ちにウォーターポンプが有ったので、これをOHしておいて、いざと言う時にすぐに交換できるようにしようと言うことで、スペアのウォーターポンプの状態を確認…

全然ダメ…既にシャフトが錆び付いて、シールもガビガビ(-_-;
ここは3GMエンジンの泣き所なんて言われてて、ここが錆びてシールまでダメになるとエンジンオイルに水が入って最悪エンジンをオシャカにする可能性のある部分です。
ま、このスペアのポンプでもベアリングの所まで錆びてないので問題無しと言えば問題無いのですが…見てしまうと交換せざるを得なくなります(笑)
#これはスペアパーツなんですが…今入ってるのはどうなんかな…ちょっと心配になるなぁ(-_-;

仕方なく、いつでも新しいパーツが入れられる状態にしようと言うことで、バラし出したんですが…

1時間位ハンマーとマイナスドライバーで格闘の末シールが外せました(-_-;
まぁ…こうもガッツリ液体パッキンを塗っておいてもらうと…流石に簡単には外せません。このエンジン…そこらじゅうに、この手の液体パッキン、ネジロック攻撃が隠されてます(-o-;

今日は取り立ててする事も無く昼まで寝ててその後は家でボ~~~っ(^^;
ま、ココの所動き回ったのでこう言う日も無いとね(笑)
とは言うものの、先週の篠山ツーリングで、私のFZRの方のリアの動きが渋くなってきてると実感しだしたので、いつも行く近所のバイク屋さんにベクに乗って相談しに行きました。

ま、基本的にここのバイク屋さんはエコな考え方で、何とか部品交換無しで済ませる方向で考えますが…リンケージ関係はどうせばらすなら、できる所は新品部品を入れた方が気持ちがいい…って事で後ろの足回りのベアリング、ブッシュ、シール関係は全部交換することにしてパーツを注文しておきました。交換作業はかなり楽しそうです(^^;

どうせ、暇なのでバイク屋さんを出て、そのままいつもの山へ…

ベクには苦労をかけてますね…この山は登りはかなり勾配がきつくて、エンジン唸りまくりです(^^;
そろそろ、アケビなんかのシーズンも終わり、山は晩秋に近づいてきてるのかな…徐々に枯葉が目立ってきて、緑だけの山から、黄色と赤が混ざってきてます。

私のFZRは、かなりのご老体ですが、乗っては直しを繰り返したおかげで、最近は直す所も減って、すこぶる快調です♪猛烈に気に入ってるので、こいつは手放す予定は全く無いです(^-^)

でも…もう1台用意して、それと乗り分けられたら、FZRのコンディションを維持しながら、乗り続けられるんじゃないかと考え出しました。

そこで、サブのバイクとして何を買おうかと検討を始めたわけです。最初はYZF-R1でも買っておこうかと考えたのですが、何かイマイチピンと来ないって言うか、私にとってはちょっと中途半端かなと…基本はツーリングメインで使うんだしね。ま、R1だって普通の市販車なんで、十分ツーリングも意識して作ってはいるだろうから、FZRとの住み分けはちょっと微妙な気もしました。要するにツーリングの度にどちらで行くか考え込んでしまいそう(笑)
#でも、09のR1が入ってこないって聞いた時はかなりガッカリしましたが…

私は何と言ってもFZRが好きなんだから、FZRをもう一台…ってもう既に1台あります(^^;更にもう1台追加しても、恐らくそいつは乗らないのは目に見えてるし…倉庫を持ってないと、部品取りで持ってても朽ち果てるのは目に見えてるし(-_-;

色々思いをめぐらせてると、1つ重要なことに気が付きました!
「あ…そう言えばBimotaに3GMのエンジン積んだのが有ったよな…」
そう、YB6EXUP、YB8、YB10は3GMを積んでます!
Bimotaは、同じ3GMエンジンを積んでるとは言え、車体周りは完全に別のバイクです。しかも1台1台手作りされてて、レーサーレプリカではなく、果てしなくレーサーに近い等と物の本やネットには書かれてます。
確かにエンジンは同じだけど、フレームは当時のレースレベルの強度を持たせてあり、FZRに比べてキャスターはかなり立ってて、トレールも短い…おまけに車重が20kg以上軽いとくれば、かなり面白そうなバイクです。このキャラクターはFZRとは重ならないよな…(^^;FZRは感覚的にはかなりツアラー志向のレプリカなんで、これだけカリカリのマシンとは乗り分け可能かも!
それに、少なくともエンジンに関しては勝手知ったるなんで、もしかしてこれいいんじゃない?!って思い出したのが約2ヶ月前。

YB6-EXUPはいいのですが古くて玉数が少なくって話にならなそう、YB-10は何故かBimotaがFZRを作ってしまったように見えてパス。YB11は…サンダーエースのエンジンで悪くは無いのですが…何かレーサーその物の市販車を作るメーカのバイクとは思えないのでパス…(^^;
それなりに安く買えないと意味が無いので、YB8か…デザインはエエなぁ~って軽いノリで、調べるとYB8は生産台数252台、YB8Eで169台、YB8 Furanoで152台…どっちにしても、こりゃ欲しくて もすぐに買えるバイクでは無さそう(^^;

一応、ネットや雑誌で扱ってる店、扱ってそうな店を何軒かアタック!
無いです…やっぱり(^^;
一度Furanoの良いのがネットで出てきたので即電話かけましたが既に売約済み…(-o-;
それ以外にも色々電話かけたりメールしたりと動いてみましたが、むちゃくちゃ高かったり(新車価格がEVOで300万近くもするので…)、ボロボロだったり、明らかに変な改造がされてたり(-_-;

なかなかいい車体に巡り合えなかったので、Z2氏にも相談。彼のルートでも探してもらいつつ、独自にも色々探してたら、一気に2台良さそうな車体が!

1台は量販店で網を張ってた中に引っかかった車体でYB8Evo-94年式、もう1台はZ2氏経由で紹介された方が2台所有されてるうちの1台でYB8のオリジナル-90年式。

まず量販店の方に見に行くと、さすが安い車体だけあります…傷有りヒビ有り(-o-;
ま、外装全体がFRPでできてるのでこれはある程度仕方ないと思うのですが、エンジンはオイルクーラーが水冷式に変わった後の3GM…その他電装パーツもFZRで言う所の94年式以降になってます。エンジンをかけてみると走行距離も大して行ってないのでエンジン本体は元気そう…流石に2台のFZRが家に有るとそれとの違いは分かります(^^;

もう1台のYB8のオリジナルは、話が来ていてもたってもいられず、すぐに見せてもらいに行きました(^^;
これは、エンジンは私のと同じ空冷オイルクーラーのタイプですが…先に見たEvoと造りが…全然違います!
こちらの車体の方が断然手作り感が高いです!いい仕事してます(^^;
でも、現状ではこいつは動きません…それなりに整備が必要との事…。
この車体のオーナーさんは、それはもうYB8に惚れ込んだ方ですが、同じ3GM乗りとしてすぐに意気投合してしまいました!すごくいい方でした♪

さて…この2台の中から選ぶか、それとも更に探すかを最初に決めなければならないのですが…YB8のオリジナルを見せてもらった帰りとかその晩色々考えて、ネットを調べまくったりした結論としては…この2台から選ぼう!となりました。
そこで、YB8のオリジナルを見た感触を忘れないうちに、もう一度Evoを見にお店へ…やっぱり、こっちの車体の方が造りは量産車に近づいてます。何度も見に来るもんだから、お店の方も余程欲しいのかと思ったみたいで(^^;実質的な値引きの話も出てきたりして、心を揺さぶってくれます(^^;

それから3日…考えました(^^;
考えに考えた挙句…結論は「まずは乗ってみよう!」って事になり、ある程度すぐに乗れる量販店のEVOに決定。

乗ってみて、ある程度車体の癖や整備のポイントを自分なりに体に叩き込んでいかないと…って感じです。そもそも、このYB8ってバイク…激しく整備性が悪く、オイル交換一つを取っても、今私の手元にある設備ではすぐにはできません(^^;
#これは実際にオイル交換するときのネタに残しておきます(笑)

FZRは日本のメーカーだし、その中でもパーツ供給のいいヤマハのバイク。YB8はイタリアのメーカーで、はっきり言ってYB8を作ったBimota社は既に無いといっても過言ではないです…今のBimotaは新生ビモータでここからのパーツの供給は無いと思っておかないとダメだし…極端に言うと”無ければ作る”位の根性が無いと乗れないバイクだと言われてるので覚悟はしてます(^^;
私が買った量販店ですら、「それなりの覚悟の無い方にはお売りできません!」と言わせるバイクです。相当なもんです(笑)

って訳で、相当な覚悟を決めて、このBimota YB8のオーナーになる予定です(^^;

ただし…納車はいつになるかわかりません(汗)
買うにあたって、激しくダメ出ししたんですが…お店がそのパーツを入手する

PAGE TOP