久々に大きな買い物をしました…大きさは小さいですけど(^^;

ハンディGPSです!ずっと欲しかった(^-^)
これがあれば、山歩きの時に強い見方になってくれます。GPSは緯度・経度を表示してくれるので迷う心配が少なくなります。山道ってそこらの地図では載ってないので、基本は山用の地図を買わないといけないのですが、今回買った「GAMIN eTrex VentureHC」って奴は地図を入れることもできるので、更に心強い見方になってくれそうです♪早くどこか山登り行きたいなぁ~!

但し…予算の都合上日本版じゃなくって、アメリカ版(^^;日本の地図はそのままでは入りません(日本語が表示できないし…)。そこは、ネットを調べると国土地理院の1/25000数値地図をダウンロードして、それを英語仕様に変換する方法なんかはいっぱいあったのでそれを参考に地図を入れることができました♪(詳しくは備忘録として書き留めておきます)


京都駅辺りを表示させた時のスナップショットです。パソコンを繋げると、画面のスナップショットも取れます。

それと、このハンディGPSって奴は、移動した場所の軌跡を残して、それをデータとして取り出せます。このデータには、時刻と緯度・経度、速度、標高など色々なデータが残っているので、後からそれをパソコンで見ることも可能!この用途では
「カシミール3D」ってソフトがフリーであるので、これを使えば自分が動いた軌跡を3Dグラフィックで見ることもできるんです!(これは、実際にデータを取ったらここでも紹介しま~す)

これから、ツーリングに行く時はこれを持って行けば、その日のコースを後から3D地図で見ることができるのは楽しみ(^^/
それと…電車のスピードを測ったりできるので、乗り鉄(測鉄)も楽しみです(笑)

———————
(備忘録)

(1)「MapView25000」を使って、国土地理院の数値地図25000(空間データ基盤)のデータを取り込み、描画設定を英語にする。
(他に必要な地名をndb形式で統合も可能)
(2)取り込んだデータのうち、必要な部分を”Polish Format(*.mp)”に変換する。この時は、ベースマップ用(道路地図)と等高線データは分けて作成する。
(変換設定で河川や地名の表示設定を調整。)
(3)(2)で作成した”Polish Format”データを「GPSMapEdit」で読み込む。予め大きな領域をmp形式に変換しておいて、このソフトでトリミングしたり、小さな領域を組み合わせて大きな地図にすることも可能。
(4)「GPSMapEdit」には「cGPSmapper」と言うGarmin地図データコンバーターが必要。
(5)「GPSMapEdit」で”mp形式”からGarmin地図の”img形式”に変換する。
この時、[Map Properties]-[cGPSmapper]で、TRESizeとRGNLimitを調整する必要があった。(2000-1000=地図の大きさや複雑さで変更するのかな…)
変換にはかなりの時間を要するので暇な時(寝る前に仕込むとか)に作業する必要有り。
(6)(5)でできた”img形式”のファイルを「Sendmap20」でGarminにアップロードする。私のWindowsの環境ではうまくアップロードできなかったので、Linux版を使ってアップロードした。

「」で示したソフトはそのソフト名で検索すれば入手できる。