2006 年 9 月 28 日

2件の投稿

バイクのパーツを注文すると、ついつい「ついでだから…」と今にもヤバそうだと思われる部品とか、定期的に交換を余儀なくされるパーツ(例えばクラッチキャリパシール)なんかをまとめて注文してしまいます。
何度もバイク屋さんに頼みに行くのも面倒やし、迷惑もかかるし…(^^;
それと、青空整備場の悲哀ですが、交換する時に、万が一取り付けに失敗したら…なんて思われるパーツで、安いパーツだとスペアとして複数個注文することも有ります。更に、生産から20年近く経つバイクなので、供給不安が有るようなパーツは持っておきたくなる衝動にかられます(笑)
…で、その結果がこれ

ほんの一部です。
後から考えると、「まだまだ使えそうだからもったいないや…」とか、「次XXを直した時に換えよう」とか、「この部品換えるのムチャ面倒…もう少し使えそうやし…」とか、「あ゛~前にも注文してた(-_-;」とか、挙句の果てには「あれ…部品番号間違ってる(涙)」様々な理由で”部品ストック箱”の肥やしになってる部品達です(^^;
もちろん、間違って注文したパーツ以外はいずれ使う事になるのでしょうけど…もう一台同じバイクがあるしね(-_-;
更に中古のパーツなんかは外装とかキャブとかも含めて大量にストックがあります…はっきり言って場所をとって困ってます(-_-;

20年近く経過したバイクだと、最初から付いてたパーツの中にはいつ壊れてもおかしくない状態のもあります。例えばラジエーターとリザーバータンクを結ぶホース…。元々ゴムでできてるのですが、熱と劣化でプラスチックのように硬くなり、ちょっと曲げるとゴムのくせに”ポキッ”と折れた事もあります(-_-;ゴム製パーツはほぼ全てがこんな感じではあるのですが…。
それと、1つのパーツがダメになったために、別のパーツまで壊してしまうというパターン。典型的な例として、タンクの水抜きホース…こいつは詰まるとタンクまでダメにすると言う激しい2次災害を起こします。原因がすぐに分からずタンク2個ダメにしました。まあまあ、そんなこんなでパーツを貯めこんでしまってます(笑)

もちろん自分でバイクをごちゃごちゃいじるのは、好きでやってますし、壊れるのを楽しみにしている自分もいたりします。どこか壊れて「お!また壊れた…部品を注文しに行こう~っと♪」って感じ(笑)
それにしてもちゃんと分類して、整理しておかないと、また2重に注文してしまいそう(^^;

去年の暮れに、清水の舞台から飛び降りる覚悟で買った革パンです…見た目が普通のジーンズなので冬の通勤にも使えるし、山歩きでも良さそうなので思い切って買いました。実際去年の雪の日の通勤では大活躍しました(^^;

この夏もちょっとバイクに乗る時もできるだけ履くようにしてたのですが、エンジンの熱を普通のジーンズより防げるので案外夏でもOKだと身を持って確認した次第です(笑)
それに、やはり使い込んでくると、よりしなやかになって馴染んできて、もはやバイクに乗る時には欠かせない存在になってきてます!何よりシート上で滑らないので断然ライディングが楽になりました♪
今年はウルトラ金欠なので去年買っておいて良かったとつくづく思う今日この頃です…(汗)

洗濯機で洗えるのでそろそろ洗おうかなぁ~と(^-^)

PAGE TOP